So-net無料ブログ作成
累が淵 ブログトップ

怪談「累が淵」の物語のご紹介 [累が淵]

「累」という物語は、作者の松浦先生も
言っておりますが実は怪談「累が淵」を
モチーフに書かれた物語です。

ちょっとだけ怪談「累が淵」のあらすじ
をご紹介しましょう。


この物語は大体1612年~1672年の
60年間にわたって繰り広げられた実話
に基づく話とされています。

下総国岡田郡羽生村に与右衛門とお杉と
いう夫婦が始まりで、お杉の連れ子には
助(すけ)という娘がいました。


助は生まれつき顔が醜く手足が悪いので
与右衛門は助を嫌って川へ投げ入れて
殺してしまいます。


この記事の続きはこちらです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
累が淵 ブログトップ
肌のツヤ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。