So-net無料ブログ作成
検索選択

累(かさね)第6巻53話「どん底」 どん底と奈落の底はどっちが苦しい?  ネタバレ有り [ネタバレ感想]

【ネタバレ注意】あらすじネタバレ
有りますので、ご注意ください。


◆累 第6巻53話「どん底」◆


あれから1ヶ月が経ち、累のアパート
羽生田が訪ねてきます。


机一つない殺風景な部屋と、酒瓶が転が
っているのを見た羽生田は、累に説教を
するのでした。


「さっさと立ち直って次の為に動け」

「お前には才能も口紅の力も残されてい
る」


また相手を追い詰めて、最後には殺して
しまうと思っている累は口紅の力を使う
ことを拒み、羽生田を部屋から追い出し
てしまいます。


累は空っぽの部屋の中で気がつけば失っ
たものばかりを鮮やかに思い出してしま
います。


夢、愛、友、光......


しかもそれだけではなく、

「人の目にふれてはいけない」、
「醜いお前に生きる価値はない」という
身の内から聞こえる声に絶望感に包まれ
、惨めな思いが募る累でした。



夜、部屋を飛び出した累は街灯の明かり
に焼かれて舞い落ちる蛾を見つけ、醜い
幼虫から美しく成長する蛾に自分の運命
を照らし合わせ、「生きる最後の瞬間ま
で光の中で美しくありたい」という感情
があふれ出てきます。



その時ふと累は思い出したのです。

・・・・野菊・・・・の存在を。




◆第53話を読んでの感想◆


あれれ、少々話がパターン化してきまし
たか?


第6巻の最後はニナの顔を失ってしまっ
た累の絶望感に満ち満ちた心の葛藤を描
いています。


そして最後に奈落の底から這いあがり、
光の下で脚光を浴びて生きていきたいと
決心をするのです。


これ前にもあったシチュエーションのよ
うな気がしてきました。


どこっだっけ?



何か街灯の明かりに焼かれて落ちてきた
蛾がとても印象的で、累とだぶって見え
てしまうのは私だけでしょうか。



そして、「累」では幸せな女性って一人
も出てきませんね。


みんな累と関わることでどうしようも無
く不幸になっていく女性ばかりです。


小学校の屋上から飛び降りて亡くなった
イチカ。


植物人間から野菊の力を借りて自らの命
を絶ったニナ。


初めて友達ができたと思った累との出会
いが、やがて自分の母親との関係を知り
、憎悪の塊になってしまう野菊。



あまりにも切なすぎますね。


でもやめられません。



累(かさね)第6巻53話「どん底」
どん底と奈落の底はどっちが苦しい?
ネタバレ感想でした。



>>目次ページはこちらです!<<


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
肌のツヤ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。